お店選び、愛車の価値に続き、手放す時期を考えるだけでも査定額が変わってくる。その具体的な方法をポイントを上げて解説する。

車を手放す時期を考える

最近では、例えばオープンカーは春前になるとよく売れる、といった季節要因が減ってきた。これは車全体があまり売れていないことと無関係ではない。とはいえ、地域によってはまだ季節が価格に影響を与えるところも多い。これをうまく使えば、何も考えずに売るより高査定につながりやすい。また、現車を査定してもらうのと、実際に手放すタイミングは近ければ近いほど高査定につながりやすい。

それはなぜか?も含め、下記で解説していこう。

今からでも高査定を勝ち取る方法

■よく売れるシーズン前に手放す

上記のオープンカーでいえば、需要期を迎える春前、つまり冬に手放したほうがいい。また、4WD車ならキャンプなどで活躍しそうな秋や雪の降る冬の前、つまり夏に手放したほうが賢明だ。特に雪国では顕著だが、都心でもタイミングがよければ高査定になる。

そのほかでは、4月の 新生活に向けて“初めて自分の車を買う” という人々の需要に合わせて、コンパクトカーなどは1~2月に手放すといい。

売却時期|車買取・車査定完全ガイド

■査定即売却、が一番高査定

買取店が査定する上で一番気にするのは、「この車が中古車市場でどれくらい人気が出るか?」ということ。一方で、この中古車市場というのがなかなか読みづらいもの。相場は日々変わるからだ。「1カ月後に手放します」と言われても、1カ月先にどれくらいの値段で中古車として売れるかが判断しにくい。となれば当然高い査定額はつけられなくなる。ましてや「まだいつ手放すかわからないけど…」となれば、査定額は低くなって当たり前だ。一番高値がつきやすいのは、現車を査定してもらうその場で売却し置いて帰ること。それを基準に、日がたつほど査定額は低くなると考えよう。

即売却|車買取・車査定完全ガイド

■フルモデルチェンジ前に手放す

愛車と同じ車種が新型にモデルチェンジすると、新型に乗り替える人が増える。その時に、あなたと同じ車が中古車市場に出回ることになる。つまり供給が増えるので、市場では相場が下がるのだ。このタイミングで手放したら当然、査定額は期待できない。そのため、できる限りフルモデルチェンジより前で手放したほうがいい。フルモデルチェンジが噂される頃ではもう遅いくらいに考えよう。

ただし、時に一部車種では、逆に旧型が中古車市場で人気になることもある。そこまで読めれば(自信があれば)あえてフルモデルチェンジ後を狙うのもいいが、一般的にこのような事例は希である。

フルモデルチェンジ|車買取・車査定完全ガイド