愛車を高く手放す方法、続いては商品として見た場合の愛車の価値を「いかに落とさないでおくか」ということ。その具体的な方法を解説する。

商品としての愛車の価値を落とさない

見てきたように、あなたの手放す車は(多くの場合)新たに中古車として販売されることになる。つまり、高査定=中古車として高く売れる、ということでもある。そう考えると、高査定のポイントには次の要素があげられる。

  • ・人気車種、グレード、ボディカラー
  • ・高年式
  • ・走行距離が少ない
  • ・修復歴なし
  • ・カーナビやサンルーフ、本革シートなどのオプション装備
  • ・程度がいい

では、これらを踏まえて、今からできることは何か? それを以下にまとめてみた。

今からでも高査定を勝ち取る方法

■走行距離をなるべく抑える

走行距離は少なければ少ないほどいいが、特に査定額の差が出やすいのが3万km、次に5万km。これを過ぎると過ぎないでは査定額が変わる。

例えば、2万9000kmと3万1000kmでは、同じ2000kmの差(例えば4万1000kmと4万3000km)よりも査定額の差が開く。3万kmや5万kmが目前なら、手放すまではあまり乗らないようにしよう。

走行距離|車買取・車査定完全ガイド

■カーナビなどは次の車に付け替えるのも手

カーナビゲーションの進歩は早く、あっという間に旧々モデルになっていたりする。そのため、あまり査定額が期待できない。付け替えられるタイプのものであれば、査定を狙うより、取り外して次の車に使うのも手だ。アルミホイールも同様。これらは査定額次第で検討したい。

カーナビ|車買取・車査定完全ガイド

■日々の点検整備を怠らずに

車は使い方次第で“程度”が変わってくる。これを査定士が推し量る材料の一つとして、定期点検記録簿がある。これがきちんと書いてあったり、ディーラーでずっと受けていたりすると、思いのほか高査定につながるケースがある。

エンジンオイルやフィルターの交換も記録を残しておくといい。

点検整備|車買取・車査定完全ガイド

■洗車は丁寧にやっておく

プロが見れば洗車を丁寧にやっていたかどうかもわかる。洗車キズなどが多かったり、アルミホイールの隙間部分などが汚れていたりしたら、洗車の手を抜いていた→日頃から車をあまり大事にしていなそう、となりやすい。大事にしていなければ当然 “程度” は良くないと判断され、高査定を引き出せない。日頃から愛情を込めて洗車するようにしたい。

洗車|車買取・車査定完全ガイド