査定前にその旨を伝え、予備バッテリーをもってきてもらいましょう

バッテリーが上がって車を動かせない状態でも、査定は行ってもらえます。ただし、車が動かせないということは出張査定を依頼することになるので、その際にバッテリーが上がっていることを伝えてください。お店からバッテリーをもってきて、エンジンを始動させてくれます。

査定時には、エンジンの始動状態などはもちろん走行距離なども確認します。最近はデジタル表示の車が多いため、バッテリーが上がっていると査定できません。そんなときのために、お店でバッテリーを用意しているそうです。もしその場で提示された金額に納得し売却を決めたのであれば、お店はそのまま車を運ぶこともできます。

ただし、お店側でバッテリーをつないでもエンジンが始動せず、ガス欠以外の原因が考えられるのであれば、まず修理したほうがよいかを相談しましょう。基本的に車が動く前提でお店は車を査定します。そのため、動かない場合には査定額が低くなってしまったり、あるいは買取ってもらえないこともあります。