愛車を売却するお店は、いくつかの種類に分けることができる。それぞれに特徴があり、それらを把握しておくことで査定額をアップさせることも可能だ。

売却先は大きく分けて2つある

愛車を手放す先は大きく分けて「新車&中古車の販売店」と「買取専門店」の2つに分けることができる。新車の販売店とはつまり新車ディーラーのこと。中古車の販売店はディーラーも中古車専門販売店も含む。

新車&中古車の販売店の場合は、買取り以外に下取りも行う点が買取専門店との違いとなる。以下にそれぞれの特徴をまとめてみる。

主な手放し先の窓口

新車ディーラー

新車ディーラーが下取りをした場合、新車販売時の値引きと含めて引き取るケースがある。値引き額を大きくするのではなく、下取り額を増やすことで新車購入の総支払額をトータルで安くする方法だ。逆に値引き額を上乗せして下取り額を下げる場合もある。
いずれにせよ、正確な下取り額が判断しにくい。新車に買い替える際には、見積りを見て「では、値引き額はこのままで、他店に今の車を買取りしてもらっていいですか?」などと確認したほうがいいだろう。また買取りだけというのはあまりやっていないことが多い。下取られた車は系列の中古車部に流される。また国産車系は輸入車が、輸入車系は国産車が苦手な場合が多く、査定額にあまり期待ができなくなる。

新車ディーラー|車買取・車査定完全ガイド

中古車ディーラー

メーカー系列の中古車ディーラーは、新車ディーラーと違って下取りだけではなく買取りも可能だ。なぜなら買取った車を自社ですぐ販売できるからだ。また自社で販売する際にすぐ買い手がつきそうだとか、あるいはすでに買いたいというお客を抱えている場合もあり、そういうケースなら査定額に期待できる。中古車ディーラーの場合、かつては他社メーカーを嫌って査定額が低くなるケースもあったが、今ではほとんどない。ただし国産車系は輸入車が、輸入車系は国産車が苦手な場合が多く、査定額はあまり期待できなくなる。

中古車ディーラー|車買取・車査定完全ガイド

中古車専門販売店

中古車専門販売店は、中古車ディーラー同様、下取りも買取りも可能だ。自社で販売する際にすぐ買い手がつきそうだとか、あるいはすでに買いたいというお客を抱えている場合も、同様に査定額に期待できる。また、輸入車の場合は輸入車を専門に販売しているお店や、ドレスアップカーはドレスアップカーを専門に販売しているお店のほうが、高い査定額を提示するケースが多い。愛車と同じ車種を得意としているお店、数多く取り扱っているお店で手放すようにするといい。

中古車専門販売店|車買取・車査定完全ガイド

買取専門店

大手チェーン店をはじめ、買取専門店は大小さまざまある。基本的に仕入れた車はオークション(業者が中古車を仕入れる市場)に出品するが、オークションは全国でいくつもあり、その季節や場所などで同じ車でも取引額が変わる。それらを読んで査定額をつけるわけだが、その際に買取専門店ならではのノウハウが強みとなる。また最近では自動車メーカー系列の買取専門店や、自ら販売店を抱える買取専門店もある。これらの場合、オークションを通さず自社の抱える販売店に直接卸すこともできるため、流通力に販売力がプラスされる。このようなケースでは査定額に期待がもてる。

買取専門店|車買取・車査定完全ガイド

手放した愛車のその後の流れ

手放す先がわかったところで、『なぜ複数店で査定を受けることが、愛車を高く手放すことにつながるのか?』 を考えてみよう。そのためには、手放した愛車がその後どうなるのかを見ると早い。

売却の流れ|車買取・車査定完全ガイド

売却先はいくつかあるが、最終的に査定額は “その後の中古車価格”につながる。言い換えれば、“その後中古車としていくらで売れそうか→だから査定額をどの程度つけられるか” ということが、どのお店でも愛車の査定額を決めるポイントだ。お店によっては都心で仕入れた4WD車をよりニーズの高い雪国のオークションに持ち込んだりする。このほうが高く売れる→高査定となる。また自社で販売店を抱えている場合は、オークションに出品する手間や手数料を省けるため、その分査定額がアップすることもある。

ただし、この “査定額をどの程度つけられるか”が、下取りや買取りの査定士の仕事であり、一番難しいところだ。他社に逃げられないようなるべく高い査定額をつけたいが、読みが外れれば自分たちの利益がなくなる。そのため、査定額は各社で微妙に異なる。だからこそ、高く手放すなら、複数店で査定を受けたほうがいいのだ。