Report/高橋 満 Photo/阿部 昌也
取材協力/カーセブン 田無店

エクステリアやインテリア、装備に加えて、買取査定額を大きく左右するのが車の状態です
走行距離や年式といった査定額に直結するものから、土足禁止、屋内ガレージ保管といった項目まで
全部で13個のキーワード&テクニックを大公開!この中にアナタの査定額大幅アップのヒントがあるかも!?

走行距離

走行距離|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

走行距離は、年式や修復歴の有無などと並ぶ買取価格を決定する大きな要素の一つです。年式の割に距離を走っていない車はプラス査定が期待できます。ボディタイプや買取店によって判断は変わってくる可能性がありますが、目安は年間7000km以内。ただし5万kmを超えると一気に査定は下がってしまいます。

年式

年式|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

一般的に、初度登録から5年ほど経過すると 「古いかな」 という部類に入るため、査定は低くなる傾向にあります。しかし、年式が古くとも現行型である場合は、思ったよりも査定が低くならない可能性もあります。そのほかに、現行型よりも旧型が人気のモデルや一部コアな人気を誇る車は、年式の割に高めの査定がつく可能性があります。

禁煙車

禁煙車|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

タバコが嫌いな人は、ちょっとしたタバコのにおいにも敏感です。そのため禁煙車指定で探している人も多いようです。また、禁煙車はヤニによる黄バミや灰を落としてシートを焦がしてしまうことがないため、喫煙車よりも室内がキレイなことがあります。このように禁煙車は大きなセールスポイントになり、プラス査定が期待できます。

ワンオーナー

ワンオーナー|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

新車から乗り続けている車は、中古車として販売するときに “ワンオーナー車” という付加価値がつくため、プラス査定をしてもらえる可能性があります。 また、いわゆる登録済み未使用車の場合でも、登録書類上では2オーナーとなりますが、ワンオーナー車と同様に査定額のアップが期待できます。

車検の残り期間

車検残|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

車検は1年以上残っているとプラス査定になる可能性があります。売却を考えていて、もうすぐ車検が切れてしまう場合は、車検を通してから売却するか、そのまま売却するか迷うところですが、車検を通してからではなくそのまま売却したほうが逆におトクです。車検が長いことでプラスになる金額よりも、車検を取る金額のほうが高くなってしまうからです。

保証

保証|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

ほとんどの国産車・輸入車には、新車時から3~5年のメーカー保証が付いています(部位により異なります)。これは中古車の購入後、ディーラーで整備を受けることで継承できるので、年式と合わせてプラス査定されることが多いようです。またこれとは別に、有料メンテナンスプログラムを設けているメーカーもあります。次のオーナーへと継承できるものならプラス査定になります。

修復歴

修復歴|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

修復歴は、買取査定をする上で大きなマイナスポイントになります。だからといってそれを隠しても査定士さんには簡単に見破られてしまいます。隠すことでかえって印象が悪くなり 「ほかにも隠していることがあるのでは・・・」 と辛口の査定になる可能性もあるので、正直に伝えたほうが良いでしょう。
同じ修復歴でも、機関部と荷室など修復した部位により査定は変わります。

土足禁止

土足禁止|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

同乗者からは最も嫌がられる行為の一つですが、室内を土足禁止にすることでフロアマットの汚れや傷みを大幅に抑えることができます。同時にドアの内側などを汚す可能性も大幅に抑えられます。そのため、買取り査定時のプラスポイントになりますが、査定額には思っているほど大きく影響しないのが現実のようです。

屋内ガレージ保管

屋内ガレージ保管|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

車の塗装はガラスコーティングなどで入念に手入れをしていても、直射日光や雨などによる経年劣化で色が褪せてしまったり傷んでしまうものです。
屋内ガレージや地下駐車場、3段パレットの機械式駐車場の中・下段などに保管していた車は、その影響を受けることがありませんので大きなセールスポイントになります。

ペットの形跡

ペットの形跡|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

ペットを乗せていた車は、悪臭や汚れがこびりついている可能性があるので、中古車を買う人からは敬遠されることが多いです。そのため、日頃から荷室や後部座席についた毛をこまめに掃除したり、臭いがつかないよう工夫をすることで査定ダウンを抑えられます。シートベルトやシートなどをペットが噛んでしまってボロボロになっている車は、査定アップは難しいと言えます。

子供の形跡

子供の形跡|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

子供がシートにつけたジュースなどのシミやお菓子の食べこぼしはマイナス査定になってしまいます。こまめに掃除をすることでマイナス査定を回避しましょう。またチャイルドシートの形状によっては、後部座席にキズや凹みがついてしまいます。チャイルドシート用のマットなどを敷いて予防しておくと査定ダウンを抑えられます。

乗車人数

乗車人数|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

ミニバンでは、同じモデルでもグレードによって後列(主に2列目)のシート形状や3列目シートの有無が異なり、乗車人数が変わってくるものがあります。
たとえば7人乗りと8人乗りがある場合、どちらが査定に有利で、どちらが不利かはハッキリと言えませんが、季節やその時の需要によって買取価格に差がつくことがあります。

チューニング

チューニング|車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54

大前提として、まず車検に通るチューニングかどうか、またノーマルパーツが手元に残っているかどうかが査定の大きなポイントになります。その上で極端なチューニングやバランスの悪いチューニングではなく、人気ブランドやメーカー直系のパーツをさりげなく使ったライトチューニング車のほうがプラス査定になる可能性が高くなります。