ファミリア(マツダ)の車買取・車査定

ファミリアの買取・査定。最高額で売却するには?

2022年5月平均小売相場

買取相場算出には参照データが少ないため中古車平均小売相場を表示しています。

128.7万円

(前月比: -4.2万円)

※上記はカーセンサー掲載物件の平均小売相場であり、査定相場ではありません。一般的に、査定価格は小売価格より低くなります。

買取査定額

????万円

査定をする人

ファミリアの高額査定を狙うには、より多くの買取業者の査定を比較して、最高額を引き出すことが重要です。

今すぐカーセンサーで一括査定依頼して、あなたのファミリアを最高額で売却しましょう!

STEP1

愛車情報を
入力して
査定申し込み

STEP2

買取店から
電話、メール
でご連絡

STEP3

査定額を
比べて売却先
を決める

カーセンサー簡単ネット車査定なら

全国約1,000店以上の
買取事業者が参画!

全国約1,000店以上の買取事業者が参画!

最大30社の査定が
一括で比較できる!

最大30社の査定が一括で比較できる!

ファミリア(マツダ)の小売相場情報

あなたの愛車を査定する時、買取業者は中古車小売相場を参考にします。
より高額な査定金額を引き出すために、国内最大級の中古車物件掲載数を持つカーセンサーで最新の中古車小売相場を確認して、愛車を売却する最適なタイミングを見極めましょう。

中古車物件の平均小売価格と掲載台数の推移

  • 平均価格

    128.7万円

  • 平均走行距離

    58150km

  • 前月比

    -4.2万円

  • 平均年式

    1986年

走行距離別 中古車小売相場情報

  • 走行距離

    平均中古車小売相場

  • 20,000km未満

    -

  • 20,001~40,000km

    59.8万円

  • 40,001~60,000km

    198万円

  • 60,001~80,000km

    168万円

  • 80,001~100,000km

    77万円

  • 100,001~140,000km

    248万円

  • 140,001km以上

    -

モデル別 中古車小売相場情報

  • ファミリア2代目
    2代目

    1996年10月~1999年7月

    平均小売相場30万円

  • ファミリア初代
    初代

    1989年2月~1996年9月

    平均小売相場-

複数の見積もりを比較して最高額売却しよう!

STEP1

愛車情報を
入力して
査定申し込み

STEP2

買取店から
電話、メール
でご連絡

STEP3

査定額を
比べて売却先
を決める

相場情報を確認したら簡単90秒入力で査定依頼!

ファミリア(マツダ)の買取・売却・査定の参考情報

ファミリアの高額買取・高額査定ポイント

初代ファミリアが登場したのは1963年です。1977年以降はハッチバックを主軸とした展開となり、9代目となるファミリアまで継承されました。その後も後継車種となるアクセラ、そしてMAZDA3へと受け継がれていったように、マツダの歴史ある中核車種です。ここでは7代目、そして8代目ファミリアに設定されていた3ドアハッチバックを中心に、その中古車価格をもとに買い取り相場を類推します。

7代目ファミリアがデビューしたのは1989年2月です。ボディバリエーションは3ドアハッチバック、4ドアセダン、5ドアハッチバックの3つがラインナップされています。3ドアハッチバックのエクステリアは、欧州輸入車の雰囲気さえあるスタイリッシュなものです。エンジンのバリエーションは1.3L、1.5Lが直4 SOHC、1.5L、1.6Lが直4 DOHCと合計4種類があり、トランスミッションは1.5L、1.6Lが5MT/4AT、1.3Lのみ4MTと3ATになっています。駆動方式はFFに加え、フルタイム4WDもあります。また、1.8LのDOHCターボユニット+フルタイム4WDを組み合わせたホットハッチ、GT-Xも設定されていました。1991年1月にはマイナーチェンジを受けて、1.3L、1.5LのSOHCユニットはキャブレターから電子制御燃料噴射になりました。また、1.5LのDOHCは可変吸気システムを採用しています。そのほか内外装も一部見直されています。1993年2月には、1.5LのSOHCモデルにパワーウインドウやパワードアロック、カセットデッキなどを採用。1.5LのDOHCモデルにはオートエアコンやカセットデッキ、アルミホイールなどを標準装備としています。

8代目となるファミリアのデビューは1994年6月です。当初、3ドアハッチバックに「NEO(ネオ)」というサブネームが与えられましたが、後のマイナーチェンジを機に「ファミリア」の名前にカムバックしています。このマイナーチェンジでは、エクステリアデザインも刷新されており、セダンと同じフロントマスクを採用。それまでのノッチバックから、オーソドックスなハッチバックスタイルとなっています。エンジンのバリエーションは1.3Lの直4 SOHC、1.5Lの直4 DOHC、1.8Lの直4 DOHCの3種類があります。駆動方式はFFのほかフルタイム4WDモデルも設定されていました。トランスミッションは5MTに加えて、電子制御タイプの4ATがあります。NEOではオプションだった運転席SRSエアバッグは全車に標準装備となり、ABSも1.3Lを除いて採用されています。

その後、ファミリアは1998年に9代目へとフルモデルチェンジしますが、ボディバリエーションは4ドアセダンと5ドアステーションワゴンのみのラインナップとなりました。2003年にはスポーツコンパクトとしてアクセラが登場。長く親しまれたファミリアの名前は絶版となっています。

では、7代目から8代目までファミリアの中古車相場に基づいて買い取り相場を類推します。一般に中古車小売価格の約7割が買い取り相場といわれています。もちろん、年式や走行距離、装備などによって査定価格は異なるものの売却時の目安になります。

1989年2月から1996年9月の7代目ファミリアは、最終年式でも1996年登録になります。すでに25年以上経過していることもあり、カーセンサーネットに掲載される中古車はわずかとなっています(タイミングによっては掲載のないこともあります)。また、中古車の価格帯は掲載されているグレードの違いに大きく影響を受けます。希少価値があると認められるようなスポーティなグレードの場合、高いゾーンにあります。これらの価格を参考にする場合は、グレードの違いをチェックするようにしましょう。1996年10月から1999年7月の8代目も傾向は7代目と同じです(中古車平均小売価格30万円/2022年5月現在)。

ボディカラー別に見るとブラック系、レッド系、ホワイト系などが存在するもの掲載されている台数が少ないこともあり、人気の傾向を判断する材料とするのは難しいのが実情です。言い換えれば、買い取り査定への影響も少ない可能性があります。また特定の装備の有無よりも、点検整備記録が残っていたり、ワンオーナー車といった良好なコンディションが買い取り査定に与える影響は大きい可能性があります。

走行距離においては、低走行距離の中古車はファミリアにおいてもバリューが高い傾向にあり、相対的に買い取り査定の強みにつながります。20,001km~40,000kmの中古車平均小売価格は59.8万円/2022年5月現在となっています。

ファミリアの中古車小売価格は、いずれも年式を考えると相応のものとなっています。希少なスポーティなグレードなら、ぜひとも一括査定サービスなどを利用して、数社の見積もりを比較しながら最も良い条件を引き出したいところです。カーセンサー簡単ネット車査定なら、売却したい車のメーカーや車種などを入力するだけで、一括で査定のお申し込みができるようになっています。下取りよりも査定額が高価になるケースがないとも言えません。上手に活用して、車の売却や買い替えをお得に成功させましょう!

*1カーセンサーネットにおける問い合わせ数などで人気を判定しています
*2 本文中記載のスペックはすべて新車発表時のメーカーカタログ値です

ファミリアの基本スペック

全長
4.04m

ホイールベース
2.51m

全高
1.41m

全幅
1.7m

最高出力 85~135ps
燃費(10.15モード) 11~18km/L
燃費(JC08モード) -km/L
駆動方式 FF
排気量 1323~1839cc
乗車定員 5名
環境対策エンジン -
燃費基準達成 -

ファミリア の 車買取・車査定 店舗 情報を提供していますカーセンサーは、株式会社リクルートが運営するクルマ情報総合サイトです。カーセンサーでは、ファミリア以外の車買取・車査定 店舗の情報も満載です。

クチコミ利用にあたっての注意事項

カーセンサー簡単ネット車査定クチコミは、各買取業者で車を売却されたユーザー様に第三者機関経由でご回答いただいたアンケートの情報を掲載しております。

掲載されている全ての情報は、当該ユーザー様にご回答いただいたアンケートに基づくものであり、当社は、その真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等について保証をいたしかねます。ご検討の際は必ず各買取業者へご確認ください。

各評価ポイントは、当該ユーザー様にご回答いただいたアンケートの評価ポイントを掲載しております。